出張蕎麦屋をはじめて13年。


国内、北は北海道から南は沖縄まで、国外はスイスや韓国まで、全国津々浦々、多くの方々との出会いを紡いできました。
この「出会い」の糸を、現在の自分の活動も含め、これまでを振り返りながら綴っていきたいと思います。
 
<< 只今、西原中学校の職場体験中! | main | 中学校美術の非常勤となりました。 >>
こころの世界は4次元
0

    外界の「動くもの」を静かに視ている時、意識(内界の視点)は、一点に集約されている。

     

    逆に、目まぐるしく思考を展開している時(内界の意識が運動している時)、外界の目の視点は、一点に集約されている。

     

    外界と内界の世界は、意識を通じて、こうした運動をし続けている。

     

    外界と内界…自分が視ていると感じている空間と心で感じている実感。

     

    空間を3次元と言い、そこに時間軸を加えると4次元。

     

     

    時計という外在的な時の計器が当たり前に、今存在しているので、時間は客観的なモノと設定されてきたけれど、本質的には、そんなモノは存在しない(笑)。

     

    自分で感じている「自感」が「時間」に他ならない。

     

    楽しい「時」は早く過ぎ、つらい「時」は、遅く感じる。

     

    そう、時間とは、自分の時分感覚以外にない。

     

    時間空間=4次元ならば、心の実感空間=4次元空間。

     

    そうすると身体は、3次元と4次元の相乗り空間というコトになる。

     

    ウム…

     

    ドラエモンの4次元ポケットは、

     

    実は、自分の心のポケットだったのだな(笑)!

     

     

     

     

    【2018.09.16 Sunday 04:17】 author : そば打ちジュンちゃん
    | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    この記事に関するコメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://soba.kazaruhall.com/trackback/440
    トラックバック